ブルースかパンクしかやる機会のない偏ったギタリストです! 最近はこの4台にストラトを突っ込んで鳴らしています。

The Duellistはやっぱり良いペダルだと感じます。JC-120しか使えない環境でも、両チャンネルともFATモードで、太くて暖かいクリーン〜深めの歪みまで作れます。変化はよく分かっていませんがとりあえず18Vで駆動。手元のボリューム操作に敏感に反応してくれるのもうれしいところ。

やたらと高価なペダルではありますが、これを使い始めてからは他の歪みペダルが必要なくなり、ほぼ手放しました。

El Capistanをディレイ兼ブースターとして使い、FLINTのスプリングリバーブ常時オンで基本のトーンを作っています。状況によってはFLINTのトレモロもクリーンブースター的に使います。

先頭の技チューナー(TU-3W)は見た目と耐久性重視で置きました。気づけば海外のものばかり使うようになってしまって、1台くらいはメイドインジャパンのBOSSを置きたい……という気持ちも。バッファには興味を持っていませんでしたが、自然と音が元気になる感じがするので現在はバッファードにしています。

  • SHARE ON
  • tweet
  • facebook
  • tumblr
  • pinterest
  • line
  • Google+