Ernie BallのVPJR.ボリュームペダルが3つ並んでいますが内2つは改造してエクスプレッションペダル化してありHelixStompとC4 Synthをコントロールしてます。同社のエクスプレッションペダルが存在せず、でもペダルの踏み心地がこれが一番好きなので他のメーカーのも試したのですが諦めきれずで自分で作るしかありませんでした。。TCのDITTO+は練習用で本番では使いませんが練習してきた時間を思い出せるエフェクターでもあるので常駐させています。ドラムのループを沢山仕込んでおけるのでとても便利。主にThe Loop Loftで購入したネタを入れてあります。apiのTranZformerはToneはオンにしてますがフラットで通すだけで使ってますが効果は絶大。ボイスエフェクターでTC HELICONのものが2つありますがまだ入れ替わるかもしれません。左上にあるKLARK TEKNIKのスプリッターで自分の声をPAを介さずに独自にモニターできるようにしてあります。この中では特にC4 Synthはお気に入りです。ベースシンセ探しの長い旅がありましたがこれで終止符打てそうです。