前回のボードからマイナーチェンジしたので投稿!

『変更点』
スイッチャー周りをソルダーレスケーブルに変えました!
おかげでワウも踏みやすく、接続トラブルも激減!

次にスイッチカバーを着けました!これでかなり踏みやすくなりました!

そしてエフェクターの配置も少し変更!
まだ悩ましい所ではあるのですが、ディレイを手前に置きました!Mash機能やtoneprint機能があるため、よく踏む事があるからです。
あと、EQをディストーションの手前に入れました。


『ポイント』
TS-808はほぼ歪ませず、ブースターとして使います。

コンプレッサーはかなり強めにしてリミッターやサステイナーのような使い方です。基本的にコンプは常時ONにしてしまうとピッキングニュアンス等も消えてしまうので、クリーンサウンドやカッティングの時のみに掛けます。

EQに関しては半踏み状態のワウのようなサウンドや、歪ませてもアルペジオの音が分かるような音にしたい時はONにします(イメージはガンズのスラッシュみたいな音)。OFFの時は割とハイゲインでファットなサウンドにできます。これは曲によって使い分け、常時ONかOFFの状態です。





『使用機材及び接続順詳細』

ギター(Tokai Les Paul Reborn「78年製」)

「Ibanez TS-808」

「Morley maverick mini wah」

スイッチャー 「Vital Audio VAPS-4」
(チューナー)→「KORG pitchblack mini」
(ループ1)⇔「MXR dyna comp mini」
(ループ2)⇔「xotic BBpreamp」
(ループ3)⇔「BOSS GE-7」 → 「Proco RAT2」
(ループ4)⇔「Electro Harmonix Small Clone」

「iSP technologies Decimator x」

「tc electronic Flashback2」

「Electro Harmonix Holy Grail Max」

アンプ


『今後の予定』
購入したソルダーレスケーブルの数が足りなかったので、買い足してすべてソルダーレスにしたいです!
欲しいエフェクター的にはボリュームペダルやタップテンポ用のペダルですかね。
そしてこのままいくとボードのサイズが絶対足りなくなる!2枚組みで作った方が良いのかな?(笑)
あとは飛び道具系をどうするか悩み中ですね。。。