お久しぶりです。
今回は写真にフィルターをかけてみました。
風情がありますね。
さて、もう入らないもう入らない言うておきながら、ペダルライザーやら何やらを駆使して最近新たにもう1つエフェクターが加わりました。ヲタクは空間利用が得意。
(一個加わっただけなのを誤魔化すためにフィルターをかけたんじゃないからね!)

新顔さんは、真ん中ほどに鎮座するtc electronic CRESCENDO Auto swellです。
ペダルの詳細の前に、これを買おうと思った経緯をば。
最大の理由は私の大好きなバンド、アルカラの曲「誘惑メヌエット」の存在でございます。
大学の後輩とコピーバンド(私はギタボで参加)を組んでいるのですが、活動のペースがゆっくりなのと好きな思いが先走ってバンドでやってる曲以外もバンバンコピーしています(おい)。
そこでぶち当たった壁が誘惑メヌエットです。
アルカラというバンドは、アルバムトラックの内、必ず1曲はインストが含まれていて、メロディはボーカルギターの稲村さんによるバイオリンが演奏されています。
誘惑メヌエットはインストではなく歌唱曲なのですが、普段のバンド曲と違い、曲中でギターからバイオリンに持ち換えて間奏からラストまで駆け抜けるのです。
これは今までのアルカラの曲にはなかったことでした(違ってたらごめんなさい)。
しかしエレキバイオリンは家に置場所がない。
e-bowやボリュームペダルでは細かい動きには対応できない。

でもコピーしたい!!!

どうしたもんかとY○uTubeを漁っているときに見つけたのがこのペダルなのです。

前置きが長くなりましたが、このペダルを一言で表すならば「オートボリューム奏法ペダル」。つまりオートワウのようにピッキングに反応してアタック音を消すペダルなのです。
コンプレッサーとリバーブを合わせてかけることで雰囲気はかなり近づけることができます。
サスティンや音の強さはどうしてもバイオリンやe-bowには負けますが、そこは気合いと研究で頑張ってコピーしたいと思います。
昔はbossもこんなの出してたみたいですね。
世の中色んな人が色んなこと考えるもので、享受する側としては全力で楽しみ尽くしたいものですね。