• 2年ほど前に購入しつつも、、、 DIMENSIONの増崎 孝司さんおすすめの Tom’sLineのPlexion(MXRの隣)を新たに導入。 小さいのに倍音が豊かでトーンの効き幅も広いので色んなジャンルに対応。 物凄くいい仕事をしてくれます。

    Relish420

  • プリアンプを試してます。

    Kirari

  • ライブ用に完成させましたが、ばらします。 自粛期間中にグレードアップさせますから。

    Kirari

  • アコギ用ボード。

    いくを

  • 2020年初旬。

    いくを

  • サブボード。

    いくを

  • 2019年初旬。

    いくを

  • マルチにマルチを重ねる暴挙。

    いくを

  • 前回のボード+7弦エレガットで一度ライブをやりましたが、 1. ナイロン弦は生音の延長で考えたほうが合理的。 2. エフェクターを使うならエレクトリックギターの方が使いやすい。 という反省を踏まえ、「エレガット用」「エレクトリック用」にボードを分けて組み直しました。 ただ、楽器2本とボード2つ、さらに、小さいとはいえアンプを「電車で」持っていくとなると、本当に可能なのか?という問題があります。楽器を持ち替えて弾くこと自体は、やぶさかではないのですが、現場によって、どっちかに絞ることにするのが現実的なんでしょうね。 1枚目: ナイロン弦用のシンプルセット。CP-1X〜TC BODYREZ 〜TC SPARK mini BOOSTERのみ。BOSS FS-5Uは、ROLAND AC-33の内臓コーラスのONOFFに使います。PAに対しては、AC-33のラインアウトからDI経由で音を渡します。 LRBaggs Anthem Classical のコンデンサーマイク出力はゼロにして、ピエゾピックアップのみの出力でも、生々しく非常にいい音です。なお、SPARK mini BOOSTERはアンラッチでオンにできるので、「どうしても必要」という時に、部分的に踏みやすいペダルです。この機能は、とっても素晴らしい。しかも、本当にクリーンにブーストしてくれます。 2枚目: SA2000S用ボード。 自作ABボックスでチューナー(BOSS TU-3S)と本線に分けてあります。本線は、 BOSS OS-2〜LS-2(A: EH NEO CLONE B:NUX ROCTARY) 〜Exotic RC Booster v2 BOSS FS-5Uは、ROLAND AC-33の内臓コーラスのONOFFに使います。 PAに対しては、AC-33のラインアウトからDI経由で音を渡します。 AC-33は、アコースティック用ではありますが、ジャズ的な文脈で使うんだと考えると、エレクトリックでも十分「有り」なアンプです。クリーントーンが美しいです。 なお、このボードのおまけの特徴としては、outputがチューナー側とブースター側と二箇所ある点です。何に活かせるかは不明ですが(笑)

    BORDONA

  • 故障の関係でvolペダルとバッファを入れ替えました。 基準のクリーンにクランチ、色気あるOD、オープンなDS、定番空間系と好きな物だけ載せたので不満はないです。 xotic super clean xotic SP comp xotic xvp 25k vemuram jan ray xotic soul driven AH friedman dirty shirley Arion sch z SPI mod strymon el capistan strymon flint サプライ、配線関係 xotic voltage doubler free the tone PT3D free the tone CP416DC belden 9778

    NAGISA