本サイトの背景はCLUB-kameのステージ床です。

投稿された「エフェクターボード写真」の一覧です。プロからプロ顔負けのみんなの最新エフェクターボード動向を探ろう

  • 新投稿

    前回のエフェボの構成は変えずに繋ぎ方だけ変えました。 構成の図柄的には前回と同じです。 そこでパッチケーブルを、初めて「スピーカーケーブルでのシールド効果を引き上げる加工」を含めて自作しました。 何せ初めてなので、透明の絶縁用のチューブを選んで家で試して、また部品屋に行くという往復を何度も繰り返して疲れました。 画像1が完成品。画像2が加工前の部品。 プラグもメーカー製の数千円の物なら初めから最適な素材構造のが存在しますが、パッチケーブルを数本用意すると、結果高額に成ってしまいガチですが、 今回は選択可能な中で、原理的に最適な素材と、安価を両立したモノを、実店舗にて手に取って組み合わせを細やかに選べました。通販では不可能に近い詳細な物理的条件選択が出来ましたよ。 そうしてパッチケーブルを作った結果、ケーブルの存在しない連結プラグと同等に近い低劣化なパッチケーブルが出来てしまったよ。 ●これは「原理のみ」で言えばコードが若干伸びただけでは耳で分かるほど明確に音質が劣化する状態は示せ無いけども、 現実の商品では普通に存在してる事の一方での、今回 原理に近い様な音質劣化の微量なケーブルが作成出来たと思います。 こうなって来ると安物は当然として置いといても。 高額でプラグの素材構造的にも「最適」な商品でも明確に音痩せする物が普通にある事の意味が分からなくなって来ました。 可能性としては、プラグとハンダ付けとシールドの接着が半端か、シールドの導線が貧弱かのどちらかしかないのではと思った。 そこで思ったのは、ギター直後のシールドは、エレキギターの発電は微量な物で、そこに最適なシールドと、エフェクターでブーストした電圧に最適なケーブルとは同一ではないと言う事です。 現存のギター用シールドは、エフェクターにも過不足無いのか? そこはギターの長い歴史の中で改善されて来た事だと思いますが、私には調べられませんけども。 ●今回私制作のパッチケーブルでの素材的ポイントはプラグがゴールドでその持ち手がニッケル等、導線のスピーカケーブルのシールド効果を引き上げる加工をしたモノで、 加工作業的ポイントは、まずハンダ無しでプラグと導線が通電出来るる状態に固定してから、 銀と銅を含む高品質ハンダで固定してから、通常の音響部品用のハンダも混ぜて確実に接着するという事をしました。 違うハンダを混ぜる事へ通電品質等の疑問を思う人もいるかも知れないが、 電磁気は、エネルギー効率的に最も有利な通路を、必ず通ります。 なので、プラグと導線の間に高品質なハンダが在りさえすれば良いのです。 ハンダ付けは、少ない方が上手いと言う定説みたいのが有りますが、コレはプラグと導線が物理的に設置してる事が条件で、「少ない点のみ」が絶対条件ではありません。細く束ねた導線への接着度合いとか、 シールド効果を引き上げる加工というのは、導線に通電する時、必ず幾らかの電磁場が漏れますが、それをアース側のシールドで拾って、それが渦巻き上に接する事で、シールドから漏れた電磁場もシールドへ再フィードバックするというループを期待します。 そうして、私が所有する中では一番のパッチケーブルが出来ちゃいましたが、コレだと全部ケーブルで繋げても良いとも思いましたよ。

    Pocket Sun。

  • 新投稿

    久々の投稿!最近はマルチを入れて弾いてます! Fender custom shopのCustom classic Vを買い、楽器に言い訳は出来なくなりました(笑) ココ最近大人気のDarkglass B7K Ultra や、限定カラーのマルコン、マルチエフェクターはD7のセッティングが好きです! 空間系がないので次は空間系を導入してもいいかなと思っています!

    のじま。

  • 新投稿

    ボリュームペダルとチューナーはちゃんと配線されてません、、ダミーです。M9が大活躍してます。一番左のアナログディレイは発振用。

    みそしる

  • 新投稿

    ギターケースに入るA4サイズ程度のボードを目指しております。 だいぶ方向性が固まりました。 ~今後の流れ~ 【リバーブの変更、ワンコンの位置にルーパー、9v→18v変換プラグ追加orサプライの変更、パッチケーブルの統一】

    norissey

  • 新投稿

    コンプとBASS LINERの位置が試験的に逆になってます。本来はコンプ→BASS LINERの順。BASS LINERでイコライジング、Sansで歪みを作る感じです。

    青木ナオ

  • 新投稿

    EBS Multi Comp→ZOOM MS-60B→Darkglass Alpha Omega Ultra Polytune2はMS-60Bからパラレルアウトで接続。 Polytuneはレギュラーチューニング、MS-60Bは半音下げチューニングに設定。 Alpha Omega Ultra良すぎでしょ。今までの不満全部なくなった。。

    たかやん

  • 新投稿

    色々追加されました。 欲しいものがたくさんあるのでボードが今より大きくなりそうですが、それも嫌...笑

    じょす

  • 新投稿

    宅録でもプラグインを使わずボードだけで音を作れるようにプリアンプを探してましたが、意外にもBogner Ecstasy Blueにたどり着きました。下手なプリアンプよりよっぽど自然で気に入りました。よく言えばパワーサプライとパッチケーブルを変えたい…

    ゆずた

  • 新投稿

    シンプルなブルースロック用。クラプトン、JIMI、BBAなど。

    kaorukado

  • 新投稿

    歪みは右奥に集約、最近入手したrippersのミニペダルが使い勝手◯です。 中段のモジュレーション、ディレイ、ピッチはスイッチャーからのMIDI信号をスルーボックス(チューナーの下)で分配して制御しています。 スイッチャーの切り替えだけで各設定が切り替えられるので便利です。

    tak